2007/04/21

ふたつのキャンセル

偶数月の大阪セミナー、この2、3年はもっぱら苦手な飛行機を利用している。
車の運転は疲れるし、夜行寝台はけっこう割高。
セミナーは年間スケジュールがあらかじめ分かっているので
飛行機の早割を使うと超お得。二人だからなおさら
高所恐怖症、閉所恐怖症はとりあえず封印して
ANAとJALを時間帯にあわせて使っている。
先日、偶然この二社の便を続けてキャンセルする事に。
二社の対応の違いにビックリ。
キャンセル理由
A社 高知空港で胴体着陸した同じ機種なのでやめたいと電話で、カードで支払い済。
B社 カミさんが急病で行けなくなり空港カウンターで、現金で支払済。
両社とも割引チケット、マイル会員。
対応A社、しばらく保留の後、
『かしこまりました、今回は、キャンセル料はいただきません。又のご利用をお待ちしております。』
対応B社、しばらく押し問答の後、カウンターの奥へ消え、やっと出てきて、
開口一番『割引チケットなのでここではキャンセルできません。』
チケットの裏面を指差し『ここに書いてあります。良く見てください』の一点張り。
老眼の僕には細かくてよく見えない。
結局,搭乗時間になり、泣く泣く機内へ。
さて、どちらの対応が親切だったでしょう。
どちらにしても、確かにキャンセルされる側の都合もよくわかりますが
キャンセルする方の立場も尊重しなければ、と僕は思うのですが。。。
僕もスタジオで対応する時には反面教師にしようっと。。。
ちなみに、B社はビートルズが来日した時利用しました。


_dsc0027
   きもちよさそう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/21

ペンギンのお散歩!

話題沸騰、人気ナンバーワン、今一番旬な所へ行ってきました。
その名は旭山動物園in北海道。


ポートイマジンは毎年年末年始はお休みなし、元旦も休みません。
だから成人式が終わってからお正月休みを頂くのです。
今年のお正月休みは、急遽、ペンギンに会いたい!と言う事でかみさんと意気投合。
南極はちと遠いので、日本の海外、北海道に決めたのです。
平日、しかも成人式明けの世の中が一番暇で、どこも寂しいくらい、がら空き。の筈・・・。
なのに旭山動物園は違っていました。

開園30分前から寒さの中行列です。
10:30開園と同時に動物園内は動物の数より人間のラッシュアワー。
さらに名物、ペンギンのお散歩タイム30分前頃から
お散歩コース周辺に人垣が出来て、、、。すげええ〜〜〜!
いよいよ待望のペンギンのお散歩タイム!
Pengin2


まるでディズニーランドのパレードの様。
ちょっと違うのはガイドのおじさんが居る事。
このガイドのおじさんがまたなかなか、いい味です。
Pengin1

ガイドのおじさん(オレンジのジャンパーのひと)
  ピンクの線から、入らないでくださいよ〜。ペンギンさんがびっくりして逃げちゃうからね!
  カメラはストロボ禁止で〜す、
  ペンギンの目がわるくなりますからねっ
  はい、のーふらっしゅーぷり〜ず!(外国人がおおい!)
  カメラ設定が解らない人はストロボを手で隠しましょうーー。
  はい。前列の人はしゃがんでくださいね。
  しゃがむとペンギン目線で良い写真撮れますよ〜、
  しゃがめない人(年配の方が多い!)はしゃがんでいる人の後ろにまわってくださいね〜。


もう、「かゆい所に手が届くガイド」です。
しかもそれが押し付けがましくなく、なおかつ的確、参ったぜ!

そしていよいよパレードの始まりです!
大名行列のごとく先導人がまず露払い。
ペンギンたちの前後には護衛のお付きの方々が。
散歩コースの両側は幸せそうな顔をしてペンギンを見つめる人、人、人。。。

Pengin5_1

ペンギンさんたちも最初の20分くらいは黙々と歩くのですが
後半、帰り道になると立ち止まったり、脇見をしたり
時々脇の雪山に登ってみたり。
すぐ目の前を通過するのでヒョイッと、1羽連れ帰ろうかと思うくらい可愛い!
これから行くご予定の方、絶対お散歩は帰り道の方がお勧めです!

見所はペンギンのお散歩だけではありません。
シロクマやアザラシも負けてはいません。
↓待ちに待ったもぐもぐタイム、がぶっ!!
Azarasi2

↓ん〜、いい湯だな〜
Sirokuma1

↓どれどれ、今日の客の入りはどんなもんだ?
Sirokuma3
もぐもぐタイム(動物のお食事時間)と言うのがあって
その時間近くになると、2重、3重の人垣に囲まれて大盛り上がり!

気がついたらあさの10:30から閉園まじかの午後3:00まで
僕らのもぐもぐタイム(もぐもぐテラスと言う立派なレストランあり)約30分間以外は
動物園内をかけずり回ってました。。。
おかげで帰りの電車は爆睡zzz

ここでこれから冬の旭山動物園に行こうとする方へ
お勧め情報!
1、足下が滑りやすいので、靴底に滑り止めのある靴を履く。
2、ペンギンのお散歩は後半の帰り道の方が面白いし、ユックリみられます。
3、カメラはオートにして行くと室内でフラッシュしてしまうので注意!白い目で見られちゃいますよ。
4、外は寒いので帽子、手袋、ホッカイロを用意しよう!

それにしても真冬の野外動物園に平日にこれだけの賑わい。
動物園スタッフの工夫と努力に頭が下がります。
今回は冬の動物たちの元気な姿をたっぷり楽しめたので
次は違う季節にまた行ってみたい!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/07/17

夏休み

梅雨明けが待ち遠しい日々が続いている。
毛穴からカビが生えてきてもおかしくないほど(想像すると怖い・・・)
ジメジメじとじとの空気が体にまとわりついて来る。
晴れ男の僕は昨日のブライダルロケをバッチリ雨を止めてみせたが
そのあとはやっぱりず〜っと雨。。。
太陽と青空と緑を求めながらカメラをぶら下げて散歩を楽しみたいのですが・・・。

今年は夏休みをW杯応援ツアーに振り替えたので
今月来月は仕事モードで頑張らなくちゃね!
スタジオはただ今「七五三」の準備中。
新メニューを考えたり撮影用衣裳の準備など
一足早く秋の気配が感じられます。
その合間を縫って8月に小旅行を企画しています。
行き先は金沢21世紀美術館。ずっと気になっていた場所!
皆さん行った事はありますか?
後日あらためて結果報告をする予定です。
「人生は旅である・・・」と中田ヒデは言ってます。
旅は人生にとても大切なエキスを注入してくれるのです。
そしてそれは仕事にもいい結果をもたらしてくれるのです。
もうじき夏休み、近くでも短くても、一人でも,家族でも
「旅は人生の始まり」です。
皆さんの旅も、色々と教えて下さい!


*おまけ。ドイツ旅日記1*
Beer

旅の醍醐味は・・・
なんと言っても昼からビール!ですよね〜〜〜
ドイツ、ニュールンベルグ名物の
ニュールンベルグソーセージと
ビールとザワークラウト、そしてポテト
このお店は有名らしく
芸能人、有名人も
多く立ち寄ってたそうです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/30

直島 番外編

その1 おいしい直島
直島宮浦港から5分ほど歩いた所に
超おいしいうどん屋さんがある。
名前は山本うどん店。
そこは、注文が入ると目の前でおじさんがうどんを打ち始め、
そのうちたてを茹でてすぐに出してくれる。
お昼時は地元の人で超満員になるそうだが
今ではわざわざそのお店を目的に
直島まで来る人も居るそうだ。
僕のお気に入りは冷やしぶっかけ。
2日間通い、何種類かを11人のグループで食べ比べた
人気ランキングは次の通り。
第1位 冷やしぶっかけうどん
第2位 釜玉うどん
第3位 肉うどん
もし皆さんが直島に行ったならおそらく、
直島のあちこちで会った旅行者の人たちと
このうどん店でまた会うことになるだろう。
アートとおいしいうどんを共有することができる
嬉しいひとときであった。

その2 もうひとつの直島
素晴らしい瀬戸内海の風景を眺めながら
フェリーが直島に近づくと
直島にでかい工業プラントが存在する事にも気づく。
そして日本人、外国人観光客と一緒に
産業廃棄物を満載したトラックが同乗していた。
アートの島、工業の島、そして産廃処理の島。
地中美術館のスタッフは
地中美術館を1000年2000年と
遺したいと話していたが、とりあえずは
10年、20年後のこの島が
どう変わって行くのか、気になりつつ
この島を離れた。

スタジオポートイマジンのフォトログです
URL:http://fotologue.jp/portimagine/


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/05/26

直島 part2

NAOSIMA
「直島」と聞いてそれが日本のどこにある島で
どんな島かを知っている人は
そう多くないようだ。
だが、アメリカから遊びに来ている
ごく普通の19歳の女の子は知っていた。
日本に行ったら1度は行くべきところが
東京、京都、沖縄、そして直島なのだそうだ。
今、イギリスの旅行雑誌でも
世界の名景100選に京都をさしおいて
選ばれた地だと言う。
4年ほど前に1度行ったが
今回の再訪問、前回とはまた違った感覚で
訪ねることが出来た。
地中美術館は初めてだったが
メディアへの露出が殆どなく
観光ガイドブックにはチケットセンターの写真しか
掲載されていない。
写真撮影は絶対禁止。
益々好奇心を駆り立てられるのである。
行ってみなければ、解らないアートワールド。
この夏の計画にいかがですか?
ハワイやソウルに行くよりもっと不便かもしれませんが・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/05/19

直島

アートの大都会、直島に来ている。体験型アートで五感がしびれっぱなし!
050518_100436_m.jpg
2005.5.18、直島にて携帯カメラにて撮影

| | コメント (1) | トラックバック (0)