2020/03/08

昨日〜今日〜明日

「20歳の頃に戻れたら、、、」

今年、成人式の撮影をしていた時に「フッ」と思いました。

ボクは「ノー」です。

社会的にも精神的にも未熟だった当時。

それに比べれば、歳を重ねることでボク自身は変化し続けていると思っているからです。

だけど孤立しがちで協調性に乏しいボクは、時々沈殿します。オタオタ、、、

「過去にとらわれず、未来は期待せず、今だけに集中する」

と、賢人たちはおっしゃいます。フムフム、、、

ボクに出来ることは

曲がり角をクネクネ迷わず

「今が一番若い」と信じ

みんなの人生が豊かになるような写真を撮り続けることかな。

おこがましいですが、、、

| | コメント (0)

2020/02/10

オブラディオブラダ

「時はブラジャーの上を流れる」と、高校の英語教師が訳したら

「人生は山あり谷あり」と生徒が意見を出して、教室中が大笑いした。

と、ノーベル賞候補に毎年ノミネートされる有名な作家M.H氏がエッセイの中で紹介しています。

彼の解釈は、オブラディオブラダは韻を含んだ掛言葉で

歌詞から判断すると(Life goes on bra!)「人生は流れてゆくのさ」

とするのが正しいだろう、と述べていました。

実は、昨年観た「イエスタディ」という映画のラストシーンでこの曲が流れ感動したのです。

観られた方も多いと思いますが、

地球上が12秒の大停電に襲われ

ビートルズの存在しない世界になるというストーリーです。

(詳しくはネタバレになるので映画をご覧ください)

高校生の頃、街中がいや日本中、世界中にビートルズ旋風が吹き荒れ、

曲だけでなくファッションや思想、行動そのものがビートルズでした。

今でもビートルズの曲が流れるとその時代背景や懐かしい記憶の数々が

脳裏を過ぎります。

歴史上を飾った名曲や芸術作品だけでなく

日常生活での思い出の品々や、喜怒哀楽はどうでしょう、

人生の大切な記録として、記憶の宝箱に保存してありますか。

例えば家族の記念写真や成長記録が、いっぱい詰まったアルバム写真の数々。

心動かされた瞬間の写真は、記録から時間の流れとともに記憶となり、

その経過が長くなればなるほど貴重になってきます。

人生100年時代、オブラディオブラダと人生は続き、繰り返されます。

アルバムの中から、とっておきの一枚の写真を見返しましょう。

新鮮な発見や新しい会話、活力が生まれてきますよ、きっと。

 

| | コメント (0)

2020/01/27

にわかファン

「ボールを前に落としたり、前に投げてはダメ」

「倒れた状態で手を使ってはダメ(立ってプレー)」

「危険なプレーはダメ」

「ボールより前でプレーしてはダメ」

ご存知、ラグビ−4つの原則です。

特に「ノックオン」と言われる反則は、ボールを前にパスした時。

ボールは必ず後ろにパスしなければならない。

 

今回のW杯でにわかファンになり、

夢中でテレビ観戦していたボクは思いました。

ラグビーは人生の歩き方そのものだと。

失敗や挫折、落ち込んだり悩んだりしても、

チャンスは平等に訪れるし、

ズルすれば必ず罰が待っている。

ラグビーの誠実さと熱い情熱、

ダイナミックな迫力と緊迫感のある試合運びに

サッカーファンだったはずのボクが、心から感動している。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020/01/10

特別な食べ物

キター!

食欲をそそる濃厚でかぐわしきニオイと美しい輝き、

そうです。あの「う・な・ぎ」が目の前に鎮座しました。

年に数回、無性に食べたくなって、

「ヨッシャ」と気合を入れて財布の紐を緩めます。

先日、友人のFBでその麗しい姿を拝見したら無性に食べたくなりました。

早速ボクも「うなぎのぼり」にあやかろうと

何年か前に訪れた老舗の暖簾をくぐり、品定め。

並、上、特上、

並はチョットさみしそうだし、特上はかなりの勇気がいる。

ということでお店お勧めの「上」。

店内の蒲焼きの匂いで、食欲は最高潮。

肝吸いで、まずは気持ちを落ち着け、

一口頬張った瞬間、ジュワーッと幸せ感が身体中に広がり大満足。

最近はうなぎより安価な「◯◯次郎」とか、

栄養なら引けを取らない「あ・な・ご」とかもありますが

老舗で味わう焼きたての「うなぎ」は

シンプルで奥深い感動と、心の底からの幸福感をもたらしてくれました。

背中を押してくれた友人のFBに感謝です。

さて、次に麗しい姿と対面するのは

「自分にご褒美をあげたい時」

「体力、気力をグッとあげたい時」

「予期せぬ臨時収入が入った時」

などと企てております。ホクホク

| | コメント (0)

2019/12/16

笑ってない

「笑ったことないです」

で一躍有名になったラグビー選手は

人前で「エヘラエヘラ」するのが嫌いとインタビューで言っていました。

笑っているのに「目が笑ってない」と言われる人もいます。

笑顔は受け手側の印象で判断されるからでしょうか。

さて、笑顔の効用がある雑誌に載っていました。

「免疫効果の正常化」

「がん細胞を攻撃するナチュラルキラー細胞が活性化」

「リラックス状態で血圧低下」

「血糖値の上昇を抑制」

「ハッピーホルモン(βエンドルフィン、セロトニン、ドーパミン)が脳から分泌される」

「血行が良くなりエネルギー消化になる」

「肌の老化防止」などなど

笑って過ごした方が健康にはいいらしいですね。

ボクは時々撮影に集中するあまり、

肩が張って目が笑ってない状態に陥るとカミさんに指摘される。

「笑うカメラマンには福が来る」

「人を笑わせるカメラマンにはもっと福が来る」の精神で

もっともっとハッピーカメラマンを目指します。ハイ。

 

| | コメント (0)

2019/12/02

街のハッピー写真屋さん

前に書いたかもしれませんが

初めてカメラを手にしたのが10歳頃だったので

かれこれウンじゅう年カメラ小僧をやっています。

この稼業に出会えた事に心から感謝する毎日です。

街中で親子連れや顔見知りに会ったりすると

「ほら、赤ちゃんの時と七五三さんを撮ってくれた写真屋さんよ」

「成人式の写真ありがとうございました」

「楽しい家族写真をありがとねー」

などとよく言われる。

一番うれしい瞬間です。

「カメラマン」「フォトグラファー」「写真家」

いろんな呼び方で表現される職業だけど

「街の写真屋さん」がボクには一番しっくり来る。

スタジオで人生の節目節目の記念写真を撮り、

「撮られた本人が大満足」

「撮られた本人の家族、親戚も写真を見て大喜び」

「撮られた本人の友人知人もその写真を見ると心が和む」

正に三方大満足の笑顔をもたらすハッピーな写真屋さんが目標です。

人気があってナンボの稼業と思っていますで

期待を裏切らないように

これからもハッピーカメラマンに励みま〜す。

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

2019/11/15

手抜きやズルはしない、全力を尽くす

『お金が発生するからプロではなく

どんな仕事でも手を抜かず、全力投球するのがプロ』

先日、立ち読みでの名言です。

 

プロとアマの違いについてボクなりに考えてみました。

プロはいつ仕事が来てもいいように準備万端の状態をキープ。

アマチュアは仕事がないとすぐに遊びに出かけてしまう。

 

プロは稼いだお金の何割かを次の仕事のためにキープしておく。

アマチュアは稼いだお金の全部を使ってしまう。

 

プロは培った交友関係と損得なしに付き合う。

アマチュアは交友関係から仕事を得ようとする。

 

プロは、一定レベル以上の技術的なテクニックはもちろん必要です。

そしてどんな仕事でも手を抜かず、

依頼主に心から満足してもらえるよう、

一生懸命全力で努力します。

また、自分自身は日々いろんな方面の知識を吸収し

引き出しを沢山持つ事だと思っています。

職種によってはキャリアのあるアマチュアの方が、

いい仕事をする事もあるかもしれませんが。

一番は自由な発想を持って一生懸命全力で努力し、

依頼主に感動を与える事が

プロとしての心構えではないでしょうか。

| | コメント (0)

2019/10/27

行きつけのお店

ねぎま、つくね、手羽先、砂肝、アスパラのベーコン巻き、豚肉のシソ巻き、ししとう、

焼き鳥「鳥〇」のオススメコースです。

ジューシーであっさり、でも味に深みがある。

素材の特徴を生かした焼き具合が絶妙で

口の中全体にジュワァ〜と旨味が広がると、思わず笑みがこぼれます。

「ほっぺたが落ちる」とはこのことです。

シメは、焼きおにぎりかお茶漬け、焼き鳥丼も捨て難い。

寡黙でテキパキと鳥を焼く店主の姿は隙のない武士のよう、

でも、本当はシャレが効いて、人懐っこくて、笑顔がステキなんですよ。

30年来通ってますが、味、雰囲気ともに最高。お財布にも優しい。

予約が取りにくくなるので誰にも教えていません(笑

ポートイマジンもこんなお店になりたい、、、ブヒブヒ

 

さて、皆さんも「行きつけ」「馴染み」のお店はお持ちですよね。

洋服なら、◯◯

髪の毛チョキチョキは、◯◯

ここ一番の食事だったら、◯◯

特に強いこだわりは持ってないのですが

大体足の向くところが、ボクは決まっています。

冒険心がないというか、開拓精神が足らないというか、現状満足型というか、

頻繁に行かなくても、安心感と信頼関係で成り立つのが「行きつけ」「馴染み」のお店だと思っています。

さてポートイマジンは、皆さんにとって「行きつけ」「馴染み」のお店になってるでしょうか。

毎年の恒例行事としての撮影はもちろん

5年に一回、10年に一回でも、写真撮影は「行きつけ」のポートイマジンですよ〜。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019/10/14

働き方改革

先日聞いた話によると

日本人の平均寿命は毎年0.2歳づつ伸びてるそうだ。

10年で2歳、20年で4歳、伸びることになる、当たり前ですが、、、

人生100年時代なども言われ

年金支給年齢はいつの間にか遅くなってきている。

大好きな写真生活を続けるには

働き方改革を世間並みに実行して、

まず体力を鍛え、そして温存する、の両方を考えよう。

ま、シャッターさえ切れれば、定年は自分で決められる。

見てくれは悪くなっても、熟練の味満載で頑張りまっする。

 

 

| | コメント (0)

2019/09/29

カラスの勝手でしょ

「カラスなぜ泣くの、カラスの勝手でしょ〜、、、」

昔、そんな替え歌を歌いながら家に帰った記憶がある。

「夕焼けとカラス」、それに「カレーライス」と来たら

日本の秋の夕暮れ情景として、ボクは大好物です。

カラスはカラスでも

日本神話に出てくる三本足のカラス「ヤタガラス」は

熊野三山の神使として崇められ、

サッカー日本代表の守護神でもあります。

シンボルマークにも使われ、

サッカーファンには、ありがたいカラスです。

ところで、「朝からカラスが鳴くと縁起が悪い」などと言われますが、

嫌われ者なのは、その姿形のせいでしょうか。

確かに、ゴミステーションを荒らしたり、

電線の上から糞を落としたり、車の前を突然横切ったりと

傍若無人ぶりを発揮するカラスは、あまり好ましい存在ではありません。

でも考えてみれば、彼らだって(彼女かもしれない)

山に帰らない、あるいは帰れない事情があるのですよ。

「カラスの勝手」ですもの、カァーカァー。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧