2019/12/02

街のハッピー写真屋さん

前に書いたかもしれませんが

初めてカメラを手にしたのが10歳頃だったので

かれこれウンじゅう年カメラ小僧をやっています。

この稼業に出会えた事に心から感謝する毎日です。

街中で親子連れや顔見知りに会ったりすると

「ほら、赤ちゃんの時と七五三さんを撮ってくれた写真屋さんよ」

「成人式の写真ありがとうございました」

「楽しい家族写真をありがとねー」

などとよく言われる。

一番うれしい瞬間です。

「カメラマン」「フォトグラファー」「写真家」

いろんな呼び方で表現される職業だけど

「街の写真屋さん」がボクには一番しっくり来る。

スタジオで人生の節目節目の記念写真を撮り、

「撮られた本人が大満足」

「撮られた本人の家族、親戚も写真を見て大喜び」

「撮られた本人の友人知人もその写真を見ると心が和む」

正に三方大満足の笑顔をもたらすハッピーな写真屋さんが目標です。

人気があってナンボの稼業と思っていますで

期待を裏切らないように

これからもハッピーカメラマンに励みま〜す。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019/11/28

初夢

「年金の支給額が2倍になる」
「医療費がすべての世代で無料になる」
「消費税がなくなる」

まさかと思いきや、やっぱり夢でした。オタオタ

| | コメント (0)

2019/11/15

手抜きやズルはしない、全力を尽くす

『お金が発生するからプロではなく

どんな仕事でも手を抜かず、全力投球するのがプロ』

先日、立ち読みでの名言です。

 

プロとアマの違いについてボクなりに考えてみました。

プロはいつ仕事が来てもいいように準備万端の状態をキープ。

アマチュアは仕事がないとすぐに遊びに出かけてしまう。

 

プロは稼いだお金の何割かを次の仕事のためにキープしておく。

アマチュアは稼いだお金の全部を使ってしまう。

 

プロは培った交友関係と損得なしに付き合う。

アマチュアは交友関係から仕事を得ようとする。

 

プロは、一定レベル以上の技術的なテクニックはもちろん必要です。

そしてどんな仕事でも手を抜かず、

依頼主に心から満足してもらえるよう、

一生懸命全力で努力します。

また、自分自身は日々いろんな方面の知識を吸収し

引き出しを沢山持つ事だと思っています。

職種によってはキャリアのあるアマチュアの方が、

いい仕事をする事もあるかもしれませんが。

一番は自由な発想を持って一生懸命全力で努力し、

依頼主に感動を与える事が

プロとしての心構えではないでしょうか。

| | コメント (0)

2019/10/27

行きつけのお店

ねぎま、つくね、手羽先、砂肝、アスパラのベーコン巻き、豚肉のシソ巻き、ししとう、

焼き鳥「鳥〇」のオススメコースです。

ジューシーであっさり、でも味に深みがある。

素材の特徴を生かした焼き具合が絶妙で

口の中全体にジュワァ〜と旨味が広がると、思わず笑みがこぼれます。

「ほっぺたが落ちる」とはこのことです。

シメは、焼きおにぎりかお茶漬け、焼き鳥丼も捨て難い。

寡黙でテキパキと鳥を焼く店主の姿は隙のない武士のよう、

でも、本当はシャレが効いて、人懐っこくて、笑顔がステキなんですよ。

30年来通ってますが、味、雰囲気ともに最高。お財布にも優しい。

予約が取りにくくなるので誰にも教えていません(笑

ポートイマジンもこんなお店になりたい、、、ブヒブヒ

 

さて、皆さんも「行きつけ」「馴染み」のお店はお持ちですよね。

洋服なら、◯◯

髪の毛チョキチョキは、◯◯

ここ一番の食事だったら、◯◯

特に強いこだわりは持ってないのですが

大体足の向くところが、ボクは決まっています。

冒険心がないというか、開拓精神が足らないというか、現状満足型というか、

頻繁に行かなくても、安心感と信頼関係で成り立つのが「行きつけ」「馴染み」のお店だと思っています。

さてポートイマジンは、皆さんにとって「行きつけ」「馴染み」のお店になってるでしょうか。

毎年の恒例行事としての撮影はもちろん

5年に一回、10年に一回でも、写真撮影は「行きつけ」のポートイマジンですよ〜。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019/10/14

働き方改革

先日聞いた話によると

日本人の平均寿命は毎年0.2歳づつ伸びてるそうだ。

10年で2歳、20年で4歳、伸びることになる、当たり前ですが、、、

人生100年時代なども言われ

年金支給年齢はいつの間にか遅くなってきている。

大好きな写真生活を続けるには

働き方改革を世間並みに実行して、

まず体力を鍛え、そして温存する、の両方を考えよう。

ま、シャッターさえ切れれば、定年は自分で決められる。

見てくれは悪くなっても、熟練の味満載で頑張りまっする。

 

 

| | コメント (0)

«カラスの勝手でしょ